MENU

三浦春馬「日本製」の再販は?重版は?通販で予約できる場所を紹介!

2020 7/29

三浦春馬さんの著書「日本製」がAmazonなどでもベストセラーとなり、現在とても売れているようですね。

残念ながら三浦春馬さんの遺作となってしまいましたが、三浦春馬さんが日本全国を回って取材した著書になりますので、日本人としても気になる作品です。

 

そんな、日本製ですが現在どこも売り切れになってしまっていますが、

  • まだ購入できる場所はあるの?
  • 重版はある?
  • 予約できる場所はある?

ということが気になりますね。

 

この記事では、三浦春馬さん著書「日本製」の再販、重版、予約できる場所について詳しく紹介していきます。

 

目次

三浦春馬「日本製」の再販はある?重版は?

三浦春馬さんが残念ながら亡くなられてしまい、改めて素晴らしい俳優さんだったということを実感させられましたね。

そんな三浦春馬さんの著書「日本製」が現在売り切れ続出中ですが、まだ購入できる場所はあるの?再販はあるの?ということが気になります。

 

気になって調べてみたところ、ワニブックスによると、

三浦さんの想いが詰まったこの作品を皆様に適正にお届けすべく手を尽くしてまいりますので、お待ち頂けますと幸いです。

引用:https://www.wani.co.jp/special/miuraharuma/

との記載がありました。

 

つまり、再販して頂けると思って間違いないでしょう。

せっかくの三浦春馬さんが4年かけて取材した大事な本ですから、メルカリやヤフオクなどの転売には手を出さずに、再販を待ちましょう。

 

三浦春馬「日本製」の予約できる通販

2020年7月23日現在で三浦春馬さんの「日本製」が予約できる通販は、

  • amazon
  • 楽天市場
  • セブンネット

以上、3つの通販にて予約が可能です。

 

タイミング次第では売り切れになってしまっている可能性もありますが、ワニブックスさんも皆さまに適正にお届けすべく手を尽くしているとのことなので、こまめにチェックされることをおすすめします。

amazonで予約

『 日本製 』 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/4/6

『 日本製+Documentary PHOTO BOOK 2019-2020 』 (日本語) 単行本(ソフトカバー)

楽天市場

『 日本製+Documentary PHOTO BOOK 2019-2020 』 [ 三浦 春馬 ]

『日本製 』 [ 三浦 春馬 ]

セブンネットで予約

日本製【入荷予約】 (単行本)

日本製 Documentary PHOTO BOOK 2019-2020 2巻セット【入荷予約】 (単行本)

 

以上、3か所の通販で購入できます。

日本製は通常版とフォトブックがついたスペシャル版の2種類がありますので、購入する際はお間違いがないようお気を付けください。

まとめ

以上、三浦春馬さん著書「日本製」の再販情報と予約できる通販についての紹介でした!

 

日本製の再販の予約ができる通販は、

  • amazon
  • 楽天市場
  • セブンネット

以上、2つの通販です。

 

また、人気ですぐ売り切れになってしまう可能性もあるので、早めに予約されることをおすすめします。

 

合わせて読みたい

あわせて読みたい
三浦春馬インスタ投稿を消した?なぜ削除したの?いつから?
三浦春馬インスタ投稿を消した?なぜ削除したの?いつから?三浦春馬さんのインスタグラムの投稿が料理が多く素敵な投稿が多いなぁ~と眺めていたのですが、2020年1月1日の投稿が一番初めの投稿になっているんですよね。2020年1月...
あわせて読みたい
三浦春馬の性格良いエピソードを紹介!人柄が良く一般の方にも優しい!
三浦春馬の性格良いエピソードを紹介!人柄が良く一般の方にも優しい!三浦春馬さんが悲しいことに亡くなれてしまいました。とても素晴らしい俳優さんだっただけにとても悲しいですね。 そして、三浦春馬さんについて調べてみたところ...
あわせて読みたい
三浦春馬は料理が得意?好きな食べ物や食事に対するこだわりは?
三浦春馬は料理が得意?好きな食べ物や食事に対するこだわりは?三浦春馬さんのインスタグラムには数多くの料理の投稿がありますよね。 料理のこだわりからも毎日丁寧に生活されている人なんだなということがよく伝わります。そ...
あわせて読みたい
三浦春馬と城田優の共演ドラマは?親友として仲良し?
三浦春馬と城田優の共演ドラマは?親友として仲良し?三浦春馬さんが亡くなられた日、城田優さんが音楽の日2020に出演した際にGReeeeNさんの「キセキ」を泣きながら歌われていましたね。あまりにも辛そうで胸が締め付けられ...

 

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる